2006年11月02日

自殺抑止方法

あなたは、学校の相談員です。

ある生徒に、
僕死のうと思うんです。
との告白、またそれと匂わせる旨の言を受けました。

あなたは、なぜかと尋ねます。
いじめに耐えかねて。
生徒は答えました。

そのいじめている人の名前を教えてくれと促します。
どうするつもりなんですか?
逆に質問を返されます。

その子に問い詰めて、
なぜあなたをいじめるのか、
そしていかなる理由であってもそれは罪な事であるので、
あなたに謝罪するようにと言って聞かせます。
と答えました。

それで本当に解決するのですか?
生徒は続けます。

直接的な嫌がらせはなくなっても、
無視などをされるようであれば、
いじめられているのと同じです。
それに、今まで自分への嫌がらせを見てきて、
何の関心も行動も見せてくれなかった他のクラスメイトが、
以後親しくしてくれるようには到底思えません。

だから、死のうと思うんです。

僕がいなくなっても、
世界に何の変化もないのだから。



この後、何と言って諭します?

じゃあ転校しよう。
と言ったところで、絶望の淵に立っている生徒には

どーせ他でも同じようなことがあるに決まってる。
と返されるでしょう。

無理やり説得して、転校を実行させたとしても
もし本当に転校先でいじめに合ったら、
より自殺の決意を堅固にしてしまい、
取り返しのつかない事になる可能性は大ですし、

移転先の学校でなくとも、社会に出てみれば尚更、
そのような事が起こるコミュニティは多数存在するわけで。

そもそも、真摯に受けた相談に対して、
たらい回しのような解決案で返すのは如何なものかと。

こうなってくると、
後は、家にいなさい。

しか残らないものなのでしょうか。

それに、家に逃げ込めるなら、
とっくにやっていると思います。



僕は無宗教ですが、因果応報だけは信じています。
たとえ死んでも、
生まれ変わるか死んでからかわかりませんが、
また同じ問題に直面し、解決を要求されるような気がします。
この考え方は、仏教用語で、カルマと言うらしいです。



どーせいつか死ぬのだから、自分の命なのだし、
自分で時期を選んで、何がいけないの。


親や知人が悲しむから。


じゃあ自分は、親や知人のために生きてるんだね。


こう生徒に言われたら、何と答えます?


生への渇望を失った者を、
この世に繋ぎ止める方法や説得って、あるのでしょうか。

最近の非常に多い、
自殺報道を見るたび考えてしまいます。

posted by bonve7 at 03:53 | Comment(2) | TrackBack(0) | 戯言
この記事へのコメント
読んでて読んでてオチは何かな〜なんて思ってたら真面目に考えてたわけですね。
解決法ってなんやろうね。
Posted by blue desert at 2006年11月04日 02:32
>>blue desertさん
あら心外ね。
いつだって真面目に不真面目
性傑ポロリですよ僕ぁあ。

落ちつけたかったんですけど、
こればっかりは果てがないものね。。
仕方ないんスよ

Posted by 紅桜@管理人 at 2006年11月04日 02:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26609639

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。