2006年10月31日

Blood Cherry U

前回記事

sippai.jpg



前回の理論でいくと、
意味と地位を逆転させるには、童貞という語句を
自然に、滞りなく発声できるようになる事がまずポイントです。

あとは、皆が真似をしだし、
芸能人まで口にするようになればしめたモノです。

「萌え」の様に、瞬く間に全世界に普及することでしょう。


以下の例を参照して、皆さんもつべこべ言わず世界平和に貢献してください。


 <使用上の注意>
・恥じぬ媚びぬ省みぬ
・最低、一日一叫を心がける
・これ以外にも発見したら(日常会話的に童貞の句を叩き込める慣用表現)、
 積極的に述べていってください。


【Mission T:入門編】
(イ)初めて物事をすること。今までに経験のないこと。
の意味で使われている「処女」を「童貞」に替える。







あまりに有名過ぎるヨーロッパ伝来の拷問器具














Iron_Dotei_of_Nuremberg.jpg『鉄の童貞』

忌むべき、凄惨な中世欧州の黒歴史である「童貞狩り」に用いられた。
使用方法はいたって簡単で、この甲冑製棺に童貞と思しき人物を縛って中に閉入れ、
そして除々に鋭利な棘を無数に備えつけた蓋を閉めていく。
その行為は、被刑者が童貞であると自白するまで続けられるので、
たとい非童貞であっても、強制的にそうであると言わざるを得ない状況に
観念させられる。
命をかけて黙し真実を貫いてみたところで、待っているのは確実な死。
また脅迫に屈したところで、痴女官達による壮絶な生スペ一番搾りの
責め苦に遭った挙句、ジュニアを致命的に壊されるハメになる。
どちらに転んでも命か男を棄てる事になるため、
そういう意味では拷問というより虐殺と言えよう。
歴史家が躍起になって史実から隠滅しようとせんのも、頷ける話である。










見送りの衆で賑わう港、誉れ高き轟音で辺り一帯を震わす汽笛、
真新しい塗料の光沢、うねりをあげて船体を抱擁する大海原の水面。













titanicogino.jpg『童貞航海』

億万に一つが残るという、生存競争にすら参加し得て
いないという点を加味してみても、
兆に一つも目的地に辿り着ける可能性がない気がしてこなくもないが
そこは優雅にスルーし、
晴れ晴れしき今生の別れ舞台を看取る見送るに相応しい言葉として使用していきましょう。













文壇を賑わす、時代の寵児として脚光を浴びるか否かは、
全てこれにかかっていると言っても過言ではありません。














ouch.jpg『童貞作』

心なしか、印刷紙からすっぺぇスメルが漂ってきそうな雰囲気を
醸し出している語感なわけなんだけども、
一旦先入観を捨て、覚悟をして読ませるという長所も兼ねている
んじゃないかと脳漿へ微塵に刷り込んで、
この尊い言葉を果敢に使用してください。











主なものはこれくらいかな?
何か他に気づいたり、意見や感想があればコメントにて
ていうかコメントくださいコメントくださいお願いします。


東大受験生ランキング←Mission 2へ続きます。頑張りに免じて
投票してやってください。



posted by bonve7 at 01:39 | Comment(2) | TrackBack(0) | 戯言
この記事へのコメント
しかし「童貞作」ってなんか臭そう…。おっと、こういうイメージを破壊するって話でしたね。まあシニフィエとシニフィアンの結合は恣意的なものですから、地道な努力が大切です。ええ。
Posted by 化学屋 at 2006年10月31日 18:17
>>化学屋さん
>しかし「童貞作」ってなんか臭そう…。

ありとあらゆる意味で臭いそうですよねw 
隆々とした筋肉マンズのレモ酸っぱい
青春ホモコメディーというか、、

「中山きんにくん。」
レイザーラモンHGは眼に涙を浮べて言った。
「私を殴れ。ちから一ぱいに頬を殴れ。私は、途中で一度、悪い夢を見た。
おっぱいだけが売りのグラビアアイドルなどに誑かされ、君を忘れていた。
君が若し私を殴ってくれなかったら、私は君と抱擁する資格さえ無いのだ。殴れ。」
きんにくんは、すべてを察した様子で首肯き、お台場一ぱいに鳴り響くほど音高くHGの右頬を殴った。顎が砕け散った。そして優しく微笑み、
「HG、私を殴れ。同じくらい音高く私の頬を殴れ。私はそのニュースを聞いて、たった一度だけ、ちらと君を疑った。脳みそまで筋肉化してしまったのではないかと。生れて、はじめて君を疑った。君が私を殴ってくれなければ、私は君と抱擁できない。」
 HGは腕に唸りをつけてきんにくんの頬を殴った。きんにくんは絶命した。


>シニフィエとシニフィアンの結合は恣意的なもの

すかさずググってきたところです!(泣)
いやぁとても勉強になりました、深いですよねー。今の自分の知識レベルじゃ、こう表現するので限界ですが(大泣)

何かの本で、
世界は認識の上に成立している。
そう書いてありましたが、同じような感じですかな。
ほんと誰なんですかねー、
童貞のイメージを最初に貶めた奴は、
生めよ増やせよ富国強兵の明治政府?
当時と環境が変わっている現代では、
逆効果の先入観にでしかないのに、、
そう考えると、男の社会的弱体化も原因な気がしてきますねー。。
Posted by 紅桜@管理人 at 2006年11月01日 20:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。