2006年10月02日

アッチョンブリケー

子出づりし時は「十月十日」と申しますが

正直に言いなさい
今ならまだ間に合います


寝込み起込み騎上位しゃちほこ何でもいーから
あたいのヴアージン奪ったあげく子種まで植え付けやがった下郎。

一体誰なの?! 


・・・・

いいわ、名乗りでないなら。

でもこれだけは言わせてください。











yamasaki1.jpgあなたの子は、元気に育ってます
なんかちょっと恥ずかしい...





腹の出っぱりが尋常でないほど邪魔に感じてきたので(遅い)

ここ最近、
ハードな腹筋とストレッチを続けてるんですが、、、



一向にへこむ気配なし

ていうかむしろ膨らんでる。




なんで?


僕がこのキューピー症候群(勝手に命名)に悩まされてきたのは、
それこそ中学、果ては小学時代にまで遡るんですけど、

体格の割に腹が不自然に出っ張ってんのね?


いや、、、今でこそ、

その膨らみに見合う体型になってきましたけど(号泣)


昔はガリんちょだったんですよ。

・・・・


おかすぃ、絶対おかすぃ、、


僕の成長と伴に、腹中で
未曾有の生物か何かが育っているとしか考えられない。。

アッチョンブリケー


ところで
あげは蝶を代表とする蝶類飼育って、
結構みんなやったことあると思うんだけど、、
こんな経験ない?

折角頑張ってサナギまで育てたのに、
いざ膜を破って出てきたのは
蝶の耽美さなど微塵も感じさせない凶悪の生物
「オオスズメバチ」

ショックですよね、結構。

あれって卵の時点ですでにハチの卵を
植えつけられてて、
そして幼虫の体内に寄生、
摂取してる栄養を奪い、伴に成長しつづけ、
最後はその宿主もろとも食い潰して
サナギから出てくるんですって。
アッチョンブリケー

というかいつから、
自身の意識が奪われてたんでしょうね。

だって生物には元来、自衛本能が備わってるじゃない。
体内の異物が自分に少しでも危害を
及ぼしかねない危険性があるなら、
拒絶反応なりショック症状なり出るはずでしょ。
それがないって事は、安全なものとして判断されてるってこと。

栄養を奪うだけで、何らプラス面はないのに、
ましてや成虫時には、自身を食いつぶすキメラなのに。

こんなの異物中の異物でしょ。
もう卵の時に意識機能も既に乗っ取られてるんですかね。

これじゃどっちが
本体かわかったもんじゃないですよねー



あと寄生された蝶のサナギの特徴として、
異様な腹部の膨らみってのがあるらしいです。

・・・・
アッチョンブリケー


ここを読んでるみんなも、
躯のどこかに、やけに不自然な膨らみとかない?
あっ例の場所なんて、
いらぬ見栄はんなくていーっすよw

もしあったら、用心してね。
いつ何時、第二の貴方として
取って代わられるかわからないのだから。

ていうか今現在も、
本当に元々のあなたの意識ですかー?


ななななんつって!



東大受験生ランキング←オチがない!ないじゃない!(でも投票したげる)ほんとは回ってきたバトンするつもりだったんたんだけど、どんどん脱線しちゃいましたw前フリのさじ加減って難しいよ↓ごめんしゃい○林さんww

posted by bonve7 at 00:04 | Comment(3) | TrackBack(0) | 戯言
この記事へのコメント
この写真のやつだれなん?
Posted by 緑地ZONE at 2006年10月03日 10:05
お腹だけ膨らんでるとか胃下垂なんじゃwww
Posted by kina at 2006年10月03日 12:05
>>緑地ZONEさん
空気の分際でさらに空気も嫁ない哀芸人
山崎邦正さんですよ! 忘れちゃいやん

>>kinaさん
あはは、やだなー。誤診ですよーw
畸形嚢腫でつ畸形嚢腫☆
「ドキッ!奇跡の生誕?
 嬉し恥ずかし双子の妹と夜通しハ○狂い計画」
もちゃんと大脳新皮質下で進行中なんですからぁ〜
以下で勉強しなおしてらっしゃいな↓
http://astroboy-nj.at.webry.info/200510/article_12.html
早くBJ先生来てくんないかなー
Posted by 紅桜@管理人 at 2006年10月04日 14:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。